rTMS治療:反復性経頭蓋磁気刺激治療+ボツリヌス療法を受ける為の診察に行って来ました(^O^)/
ブログパーツ

rTMS治療:反復性経頭蓋磁気刺激治療+ボツリヌス療法を受ける為の診察に行って来ました(^O^)/

ここでは、「rTMS治療:反復性経頭蓋磁気刺激治療+ボツリヌス療法を受ける為の診察に行って来ました(^O^)/」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 病気ブログへ



先日、TMS短期集中入院(rTMS治療:反復性経頭蓋磁気刺激治療+ボツリヌス療法+集中的作業療法+自主トレーニング:14日間)を受ける為の面接?診察?に行って来ました(^O^)/

今回のTMS短期集中入院をやっている病院”石和温泉病院”の治療の概要は → http://www.isawa-hsp.or.jp/tms.html

以前、僕が書いたTMS治療については → http://jieblo.blog.fc2.com/blog-entry-227.html こちらですけど、一通りもう一度

経頭蓋磁気刺激治療(TMS治療)というのは脳卒中(脳梗塞、脳内出血やくも膜下出血など)の後遺症で麻痺が残って上肢(手や指)が思うように動かせない人に効果的な治療法らしいです

脳卒中(脳梗塞、脳内出血やくも膜下出血など)で脳の左側が損傷すると右半身に、右側が損傷すると左半身に麻痺が出るらしく

例えば左脳が損傷して右半身が麻痺すると右脳でカバーしだすらしいんですが、右脳のカバーが過剰に働いて損傷した左脳にとっては回復にセーブがかかってしまう

そこで経頭蓋磁気刺激治療(TMS治療)で、がんばりすぎてる右脳の過剰な働きを抑える
その間にリハビリして左脳の回復、右半身の回復を促すというもの

インターネットでも調べてみると、この経頭蓋磁気刺激治療(TMS治療)はいろんなところでやってるみたいで、ここアドバンテージあさひは山梨県にあるんですが、近くだと石和温泉病院というところがありました

この経頭蓋磁気刺激治療(TMS治療)を受けるには条件があるみたいです

 ① 年齢が16歳以上である。
 ② 認知機能に問題がない。
 ③ うつ病でない。
 ④ 透析をしていない。
 ⑤ 頭蓋内に金属(クリップ※1など)が入っていない。心臓ペースメーカーが入っていない。
 ⑥ 少なくとも1年間は痙攣の既往がない(脳波検査で異常がない)。
 ⑦ 全身状態が良好である(発熱・栄養障害・重度心疾患・体力低下などがない)。
 ⑧ 日常生活が自立している(自ら移動できるなど生活上では介助がいらない)。
 ⑨ 脳卒中(脳梗塞・脳内出血・くも膜下出血)を原因とした上肢麻痺※2を呈している。 
 ※1 チタン製、ステンレス製など非磁性体も含む。
 ※2 手首を曲げないで、指でグーパーができる。
    少なくとも母指・示指・中指の3指が曲げ伸ばしできる。


石和温泉病院のTMS治療は上肢(上半身)のみで下肢(下半身)はやらないらしいので、今回は主に手の麻痺の治療ですが、僕の場合は麻痺が両手で。。。通常、TMS治療は治療法の性質上、片麻痺の患者しか難しいらしいのですが(効果がないかもしれないのですが)。。。
7/22から治療開始する予定になりました(*^-^*)

僕の場合は以前の日記(http://jieblo.blog.fc2.com/blog-entry-131.html)に書いた通り上肢の自由度は右が10%で左40%…ほとんど両方なのですが、右が今の左ぐらい使えるようになればかなり便利だなぁヽ(*´∀`)ノ

大まかな希望ですが、
今の僕の両手の麻痺の具合は、
比較的症状が軽い方の健側?の手(左手)は「実用手に近い補助手」
比較的症状が重い方の麻痺側?の手(右手)は「廃用手に近い補助手」
なので、
比較的症状が軽い方の健側?の手(左手)は「実用手に近い補助手」 → 「実用手」
比較的症状が重い方の麻痺側?の手(右手)は「廃用手に近い補助手」 → 「実用手に近い補助手」
に、それぞれ1ランク上げられたらイイですね~(*^-^*)


2014年 06月 03日 火曜日

◇今日の天気
 
 晴れ
 気温 朝24℃ 昼30℃ 夜26℃

◇今日の献立

■ 朝食
 
 なし

■ 昼食
 
 ご飯
 イカ焼き
 煮物
 すまし汁
 ?

■ 夕食
 
 焼きそば
 とんかつ

◇今日のつぶやき

 血圧 106-72

■とりあえずの目標

・OT - 作業療法士的目標
お風呂全般の動作
下膳時にお盆を持っていくパワー
爪を切る
ボタンの(留める、外す)動作

・PT - 理学療法士的目標
ロフストランドクラッチで歩行自主練
ロフストランドクラッチで階段の上り下り
関連記事
にほんブログ村 病気ブログへ



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jieblo.blog.fc2.com/tb.php/398-0e456897
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。